中小企業診断士の収入は?年収の相場を知る!

中小企業診断士の収入は?年収の相場を知る!

そのため、試験は難易度が高めですが、資格取得後はキャリアアップが目指せます。中小企業の経営コンサルタントの仕事ができ、収入アップも見込めるでしょう。

 

現在勤めている会社での出世、また独立をして収入アップするケースもあります。「日本版MBA」とも呼ばれる中小企業診断士の資格は重宝されます。

 

実際のMBAを取得するには海外での受験が必須であるため、お金や時間がかかります。一方で中小企業診断士の資格は国内でとることができます。

 

幅広い知識が身に着くため、キャリアアップや、就職活動の助けとして大学生でも受験されます。

 

受験条件に学歴などがとわれないため、だれでも受けやすい国家資格でもあります。

 

中小企業診断士になるとどれくらい稼げる…?生の声、年収

これから中小企業診断士の資格取得を目指す人も、気になるのは、やはり中小企業診断士になってからの収入ではないでしょうか。

 

資格取得には労力がかかりますから、その後の収入に違いがないと、モチベーションも高められませんね。

 

さて気になる収入ですが、ずばり、中小企業診断士の年収は平均すると「700〜800万円」とされています。このご時世でみると、高収入といえるでしょう。

 

しかし、やはり、働き方が関わってくるため、個人左は出ます。生の収入をみていくと、およそ、200万円〜1,000万円となっています。

 

上下で差が出るのは、やはり、仕事の内容や量によってきます。企業での会社員としての収入か、独立か、そして仕事量など。

 

また、副業を行って収入を増やしているケースもあります。会社勤めをしながら、会社に了解をえて、副業として企業診断士を行って収入アップした方もいます。

 

中小企業診断士としての働き方

中小企業診断士になり、収入を増やしていくことを考えての働き方についてご紹介します。

 

まずひとつは、「副業」として中小企業診断士の仕事をする働き方です。普段は会社に勤めて、それに加えて副業する形になります。

 

会社の仕事が落ち着いている方にほど向いています。副業なら、200万円ほどの収入でも大きな収入アップになるでしょう。場合によっては副業ができないケースもあります。会社によって関連業務の場合、昇給することも可能です。

 

次に、「独立」する形での収入アップです。中小企業診断士として登録を済ませ、ノウハウがあれば、独立して成功できます。ただし、収入には個人差があります

 

収入アップ、高収入を目指すにあたり、人脈も影響しますから、協会で行っているイベントなどに参加することがすすめられます。

 

また、「ダブルライセンス」での収入も見込めます。中小企業診断士のほかに、「税理士、会計士、弁護士」といった資格があると、幅広い知識を生かして仕事幅を広めることができ、収入アップにもつながります。

 

中小企業診断士の資格が生かせる副業とは

中小企業診断士の資格を取得した場合、副業をして収入アップにつなげる方が多いです。中小企業診断士になっても、中小企業の経営コンサルタントだけが仕事ではありません。

 

そのため、資格を活かした他の副業を行って、収入アップも目指せます

 

たとえば、専門的な業務としては、「国への補助金の申請代行」の業務もあります。中小企業診断士中小企業と密接にかかわり、プロの知識があるため、重宝されます。

 

国が行っている補助金システムに対し、サポートできます。国の審査を通らないことには、補助金が受け取れません。そこで頼られるのが、中小企業診断士です。

 

他には、「ライターの仕事」もアリです。時間的にみても会社勤めの人もやりやすい仕事といえるでしょう。中小企業診断士の資格を取得したこと、そして知識を生かした執筆作業です。

 

雑誌や新聞でコラムを書く、ネット媒体の記事制作といった仕事もできますし、独自に執筆することもできます。

 

そして、資格試験を受験するにあたり、多くの方が利用する「通信講座」です。ご自身も利用し、中小企業診断士の資格保持者の講師に相談したこともあるかもしれません。その、中小企業診断士の講師側として仕事することもできます。

 

答案の添削作業や相談を受けるサポートサービスといった仕事などを行う副業もあります。

 

これらはあくまで一例で、資格を取得することで、仕事幅は広げることができます。

 

中小企業診断士はこれから重宝される

ここ最近の傾向をみると、中小企業診断士の資格はニーズが高まっています。何らかの資格を取得される方も増えている今、中小企業診断士の資格自体も注目を集めるようになっています。

 

国家資格であること、専門的な知識が身に着くこの資格は、これからの未来でも可能性は広まるでしょう。中小企業診断士の主な業務は、中小企業を相手にした経営コンサルタントです。経営状態を今より良くするために、アドバイスなどを行う業務があります。

 

この他にも副業が充実し、人脈をつくっていき独立することもできます。そういった角度からみても、資格としては強いといえるでしょう。中小企業の経営コンサルタントとして仕事をするなら、コミュニケーション能力などがあれば、より一層、仕事が増やせやすいと考えられます。

 

スキルアップ・キャリアアップに良い中小企業診断士の資格

中小企業診断士は誰でも受験資格がある国家資格です。難易度でみるとやはり国家資格なので高いですが、資格取得後は可能性が待っています。

 

会社での昇給や出世、会社勤めをしながら副業、独立して起業といった働き方があり、収入アップも見込めます。

 

現在の職から転職するにも有利な資格といえます。中小企業の経営にかかわる知識が身に付きますので、これからの社会で重宝されるでしょう。

 

また、税理士や会計士の資格とともに持っていると、なお有利になります。中小企業診断士になるためには、いくつかステップがあります。

 

まずは試験合格です。試験は1次試験と2次試験があります。マークシート方式の筆記試験である1次試験は7科目あり、バランスよく合格点をとることでクリアできます。

 

1次試験をクリアすると、2次試験の受験資格が得られます。

 

2次試験では筆記試験と口述試験があり、これらの試験にクリアして合格すると、次は「実務補習」を受けます。

 

実務補習を受けることにより、中小企業診断士として登録ができます。登録後は定期的に更新していき資格を維持できます。

 

中小企業診断士になるまでの道のりは簡単ではありません。ですが、それをクリアして合格できると、可能性が待っています。