大学生の方へ 中小企業診断士資格取得のメリット

大学生の方へ 中小企業診断士資格取得のメリット

社会に出る前の最後の学生生活、だからこそ楽しむというのも理にかなっています。

 

しかし、大学生のうちに、何をするかによって、その後の人生に大きな影響をもたらすでしょう。

 

まだまだ就職活動は厳しい時代です。簡単に雇用が決まりません。

 

就職活動をスムーズに進めるために、資格取得にはげむ学生も多いです。

 

大卒以上といった条件のある資格試験は受けられませんが、学歴不問の資格も多いです。

 

現在知名度を高めている中小企業診断士も、そのひとつ。学歴不問で性別や年齢も問わず、だれでも受験できる、しかも国家資格にあたります。

 

会社勤めの人が受験する傾向がある資格ですが、会社勤めしながら試験勉強というやり方でなく、学生のうちに取り組むことには勉強しやすいというメリットがあります。

 

大学生が中小企業診断士の資格を取得するメリット

中小企業診断士の資格は現在知名度が高くなりつつあり、とくに40代くらいのサラリーマンに人気があるようですが、大学生で受験される方もいますし、大学生がこの資格を取得することにメリットがあります。

 

最大のメリットはやはり、「就活に有利になる」ことでしょう。就職活動は労力を使いますし、うまくいく保証がありません。

 

就職難ともいえる時代に、就職活動をできるだけスムーズにすすめるためにも、役立つ資格といえます。中小企業の経営コンサルタント、専門の知識がある状態ですので、新卒雇用でも重宝されるでしょう。

 

履歴書の資格欄に堂々と記入でき、それも、中小企業診断士なら一目置かれるに違いありません。印象付けることにも成功します。また、税理士や会計士などダブルライセンスやトリプルライセンスで活躍する人もいますから、可能性を広めることができます。

 

さらに、「起業」という形での社会進出を考えることができます。大学卒業と同時、学生のうちに起業する人も増えている世の中ですが、その際にも役立ちます。

 

中小企業診断士として仕事していくためには人脈が重要になりますが、スキルを用いて起業することも可能です。斬新な発想や若さは強みになるでしょう。

 

それから、大学生のうちに資格試験を受けること自体にもメリットがあります。まず、勉強時間が作れること。会社勤めをしながらの勉強よりも融通がきいて、学習に取り組みやすい環境ですので、資格試験に挑むと考えると大学時代はベストタイミングです。

 

しかも、中小企業診断士の資格試験の範囲は広く、会計士などの資格試験とかぶるところがあります。

 

つまり、法律関係や経済関係を専攻している学生にとっては、資格試験の勉強と、大学の勉強を並行できます。信頼できる教授のもとなら、相談できる可能性もあります。そういった面でも、大学生のうちに中小企業診断士の資格試験を受けることにはメリットがあります。

 

中小企業診断士の資格試験をクリアするためには学習時間が長い

中小企業診断士になるためには、相当の学習時間を確保しなければなりません

 

容易にとれる資格ではありません。合格率は平均的にみて20%ほどと難易度は高いですが、立派な国家資格で今後の人生に大いに可能性がひらけます。

 

中小企業診断士の資格試験は1次試験と2次試験があり、それぞれの対策が必要になります。1次試験のみでも範囲が広く、学習と会社勤めの並行は大変ですから、大学生のうちに受けることはチャンスです。

 

本業の学業やアルバイトなどが忙しい人は大変ですが、現在時間を持て余しているのなら、これからの未来のために中小企業診断士の資格試験勉強をはじめてみるのはいかがでしょうか。

 

中小企業診断士の試験を受けるにあたって

大学生が中小企業診断士を受けるにあたり、やるべきことがいくつかあります。国家資格である中小企業診断士の試験は簡単ではありません。相当の学習時間を要することになります。

 

勉強に専念するということは、プライベートや金銭の余裕が少なくなりますので、周りの理解を得る必要があります。

 

まずは、家族の理解を得て協力を求めましょう。実家暮らしの方はとくにそうですが、一人暮らしの人も、親に相談してください。

 

中小企業診断士の資格試験を受けること、受けるにあたってのメリット、それらを伝えたうえで、学習時間を作るためのフォローやサポートをお願いするといいでしょう。

 

中小企業診断士になるために勉強時間を作るとなると、バイトする暇もなくなってきます。ですから、経済面でも負担が大きくなるので、フォローしてもらえると助かるはずです。

 

次に、大学の教授に相談しましょう。とくに、経済学部や社会学科を専攻されている場合、それは強みになります。

 

もしかすると、教授が中小企業診断士の資格を保持しているかもしれません。保持者が近くにいることは非常に強みであり、相談できますから、サポートを依頼するといいでしょう。

 

また、専攻している学部で先輩や後輩にも話をして、中小企業診断士を目指しているあるいは取得者がいたら、相談するのも手段です。

 

そして、覚悟を持つことです。中小企業診断士の資格を受けるにあたって、生半可な気持ちでは合格を目指せません。

 

生活の多くの時間を学習にあてることになるので、友人や恋人にも理解を求め、試験合格までの間の遊ぶ時間は制限されます。ですから、強い覚悟をもって、中小企業診断士の合格を目指しましょう

 

中小企業診断士になるために 大学生の勉強法

中小企業診断士は学歴不問で受験できる国家資格です。ですから、大学在学中でも資格取得を目指せます。

 

そのためには、相当の学習が必要になります。中小企業診断士は簡単になれません。合格率をみると、過去数年の平均は20パーセント程度です。国家資格にしては低くありませんが、難易度は高いといえるでしょう。

 

大学在学中に合格を目指すためには、勉強時間をさく必要があります。
遊びはもちろん、アルバイトも控えた方がいいでしょう。そういった融通がきくのも、大学在学中に受けるメリットになります。会社勤めしながら資格取得するよりも、学生時代のうちに時間を使って取得を目指した方が効率が良い可能性が高いです。

 

とにかく、学業の他の時間は、なるべく中小企業診断士になるための学習時間にあてることです。

 

具体的な勉強法ですが、独学は厳しいと考えましょう。

 

勉強をする時間はすきま時間でも作れます。その間に、効率よく学習するにあたって、「通信講座」や「予備校(資格予備校)」の受講をおすすめします。

 

通信講座などは、合格を目指すためのカリキュラムが決まっていて、テキスト選びに困ることもありません。費用はかかりますが、確実な勉強法といえます。

 

また、計画性も大事です。大学在学中に合格を目指すなら、時間はあります。中小企業診断士の場合、1次試験と2次試験があり、どちらもクリアしないことには合格できません

 

ただ、救済システムがあります。

 

1次試験の場合、「経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策」の7科目の試験があります。

 

これを数回に分けて受験することができますので、たとえば、1年目は「経済学・経済政策、財務・会計」を受験、2年目は「企業経営理論、運営管理、経営法務」を受験、3年目に残りの科目を受験と、分けて考えると少し余裕ができます。

 

比較的難易度が高いものから集中的にすると効率的です。

 

この1次試験にクリアすると、2次試験が受けられますが、2次試験にもしも落ちてしまっても、再受験では1次試験を免除されるため、2次試験対策のみで済みます。

 

ですので、大学1年生から3年生まで、時間をかけて受験を繰り返して中小企業診断士を目指すことができます。焦りがない分、ストレスも回避できるでしょう。

 

大学が4年間で、その期間をうまく使えるのも、在学中に中小企業診断士を目指すメリットといえます。