ストレートで目指す!中小企業診断士資格の一発合格必勝法

ストレートで目指す!中小企業診断士資格の一発合格必勝法

国家資格のひとつでもあり、キャリアアップやスキルアップのため、収入アップ、就職活動や転職活動を有利にするためなどに、資格取得を目指す方が多いです。

 

中小企業診断士の資格試験の受験は、性別・年齢、学歴を問いません。誰でも受けることができます。しかし、そこは国家資格ですので、難易度は高いです。

 

国家資格的にみるとそう低くはありませんが、合格率は平均20%ほどです。つまり、どのようにして2割に残るのか、それが合格のカギになります。

 

中小企業診断士の試験は難しいことから、数年という歳月をかけてとられる方も少なくありません。試験自体に救済システムがあり、たとえば1次試験ならいくつか分けて受験することもできます。

 

ですが、一発合格に越したことはありません。費用などを考慮し、なるべく一発で合格したいというのが、素直な意見でしょう。

 

中小企業診断士の試験対策がカギ!

中小企業診断士になるために、試験を一発で合格するには、やはり「勉強法」が重要になってきます。

 

試験は1次試験と2次試験があります。いずれも、合格率はおよそ20%ほどと高くありません。

 

しかし、合格は可能です。合格率が低い理由として考えられるのは、ほとんどの人が会社勤めと並行しているため勉強時間が短いこと、また、複数回にわけて合格を目指していることが影響していると考えられます。

 

簡単な試験ではありませんが、効率のいい勉強法により、一発合格も可能です。

 

1次試験と2次試験をわけて、対策を考えます。まず、1次試験のコツというのは、「ギリギリ合格」を目指すことです。

 

1次試験では7科目の試験を行います。1科目それぞれ100点満点を目指すのではなく、合格ラインとして、平均60点以上を目安にすると、要領の良い勉強法になります。

 

実際の試験では、マークシート方式になるので、分からないところもとにかく埋めるようにすることです。

 

2次試験は「理解力」が求められます。

 

1次試験は基礎知識にあたり、2次試験は応用といえるでしょう。

 

筆記試験と口述試験があり、筆記試験は文章力も必要になります。口述試験は表現力が必要になってきます。勉強法のコツとして、簿記をしてきた人は理解しやすい内容で、口述試験は人前で練習しておくといいでしょう。

 

2次試験の筆記試験はマークシートではないので、文章を、答えを導き出す勉強も行っておきましょう。ちなみに、2次試験は計算問題もあります。電卓の使用は許可されているので、壊れたときの万一を考え、2台用意するといいでしょう。

 

中小企業診断士の試験の合格基準とは

中小企業診断士の資格をとるためには、1次試験と2次試験を合格する必要があります。救済システムがあり、2次試験に落ちたとしても再受験では1次試験が免除されます。

 

つまり、1発でクリアするためには、どちらも一度でクリアしないとなりません

 

1次試験は8月上旬ごろの2日間、2次試験は10月と12月にわけて行われます。

 

1次試験の日程をみると、1日目に「経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理」を行い、2日目に「経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策」を行うようになっています。

 

合格基準ですが、60%以上ですので、60点以上が合格ラインといえます。ちなみに注意したいところが、すべての科目がバランスよく点数をとらないといけません。40点未満の科目がひとつでもあったら、不合格になりますので注意してください。

 

1次試験の合格発表が9月に行われて、10月に2次試験がはじまります。つまり、合格発表から時間が間もないので、発表される前から、2次試験の対策を行う必要があります。

 

2次試験の場合は10月に筆記試験を行います。総点数が60%以上なら合格ラインになりますが、1次試験と同じく40%未満の科目はひとつでもアウトになりますので注意しましょう。

 

続いて、12月に口述試験を実施します。口述試験は実質でみると100%の合格率なので、あまり緊張をしないように、練習通りの口述ができたらいいでしょう。

 

中小企業診断士の一発合格 心の余裕と合格ラインの把握

中小企業診断士の資格を取得するにあたり、十分な勉強時間の確保は大事ですが、その内容も重要です。

 

国家資格である中小企業診断士の資格取得は難易度が高く、救済措置があります。科目を分けて受験し、2〜3年かけていどむ方法もあります。これなら十分に勉強できるので、自身の合格率を高められるでしょう。

 

しかし、1年で勉強するなら、効率の良さが重要になってきます。

 

そのためにまず、心に余裕を持ちましょう。焦ると、試験勉強に影響してしまいます。中小企業診断士は次の年にも救済システムがありますので、翌年に受け直せると心構えするといいでしょう。

 

もちろん、1年で合格することを考えて動くことは悪くありません。そのために、まずは合格ラインをしぼって、要領よく勉強しましょう

 

中小企業診断士は1次試験と2次試験がありますが、1次試験は60%以上が合格基準になっているため、70%を目安に勉強に取り組むと、合格を目指せます。

 

ただし、注意点は、1次試験で行われる7科目をバランスよく勉強しなければなりません。どれがひとつでも、40点未満になると、不合格になるので注意です。

 

苦手な科目はより時間を作って勉強するといいでしょう。判断能力を身につけて、応用できるようになるとベストです。

 

また、試験本番では、マークシート方式の試験になるので絶対に回答は埋めるようにしましょう。

 

次に2次試験対策です。一発合格を目指すなら、中小企業診断士の資格を受けると決めた時点で、1次試験とともに2次試験の対策もはじめましょう。

 

2次試験では、1次試験の内容を応用した形になっています。基礎が身に着けたのち、文章力を身に着け、求められている回答ができるようになるといいでしょう。

 

口述試験の対策としては、人前で話す練習をするといいです。

 

短期カリキュラムに長けた通信講座で一発合格を目指す

中小企業診断士の資格試験のために勉強するにあたり、どのようなテキストや教材を用意したらいいのか、独学となると大変です。

 

効率よく要領よく学ぶためには、通信講座がおすすめです。

 

中小企業診断士の資格試験は1次試験と2次試験があり、1次試験はテキストや過去問、2次試験は文章力の学習が必要になります。

 

基礎知識にあたる1次試験をクリアするためにも、通信講座は役立ちます。必要な教材がすぐ揃いますし、分かりにくいことは相談できるサービスもあります。

 

独学でも可能ですが、とくに2次試験の対策には通信講座が役立ちます。2次試験では、文章を書く力が必要になってきます。その対策として、通信講座なら、添削を受けるサービスを利用すると、要領よく学ぶことができ、合格を目指せるでしょう。

 

一発合格を目指すためには、短期型に特化しているものや、2次試験対策も同時に行える通信講座を余裕をもって利用することです。