スタディング

スタディング

中小企業診断士を目指すすべての皆さん、必見です。

 

スタンディングは、スキマ時間をむだなく利用して、中小企業診断士を目指せる通信講座です。

 

中小企業診断士の資格が取得したい、でも忙しい。という人も安心のサポート体制、通信講座内容が、合格をサポートしてくれます。

 

有料受講者数30,000人を突破した実力で、試験合格を目指しませんか。

 

スタンディングの特徴 3つのタイプ別コース

スタンディングではいくつかのコースが用意されています。定番コースの「中小企業診断士1次2次合格コース」には、さらに3タイプに分類され、その中から選べるシステムになっています。

 

  • ミニマムコース…1次試験と2次試験の基礎に対応したコース内容。
  • スタンダードコース…基礎のほか過去問や問題集をプラスしたプラン。
  • コンプリートコース…直前対策に模試のほかQ&Aチケット付き

 

となっています。コンプリートコースは、ストレート合格を目指している人にイチ押し

 

ストレート合格にも対応

短期間で合格を目指せる講座内容が、スタンディングの特徴のひとつです。中小企業診断士の資格は簡単ではありません。幅広い科目に対応しなければ、合格できません。

 

2〜3年かけて合格を目指す人も少なくないのです。が、もちろん、ストレートで、短期の合格を目指すこともできます。

 

スタンディングでは、効率のいい学習内容で合格サポートの講座であるため、ストレート合格を目指す方にも適しています。忙しく、学習時間があまりとれないという方もサポートします。

 

毎日の通勤時間などちょっとした時間、スキマ時間を効率よく使えるように講座が作られているため、忙しい人にも嬉しい内容です。

 

また、ビデオや音声と、テキストを組み合わせたカリキュラムが基本になっており、普通のテキストだけでは学習に難を感じる方も安心。力が入れられた映像の講座内容は、だれでも見るだけで学びやすくなっています。

 

スマホ・タブレットなどでいつでも学習できるスタンディング

スタンディングの強みのひとつは、デジタル環境に対応していることでしょう。

 

一般的に従来の通信講座は、紙のテキストや教科書、DVDが主流でした。かさばることが難点でしたが、現在ではオンラインタイプも増えていて、スタンディングはデジタルに特価しています。

 

スマホやタブレット、パソコンで、すべての教材がチェックできるため、荷物を増やすことがありません。ですから、たとえば、外出中の待ち合わせの待ち時間や通勤中の電車内で、休憩中などを利用して、外出先でも、コツコツと学習を進めることができます

 

そのため、教材を持ち運ぶのが大変、でも家での学習時間が限られるという方は、ぴったりの学習システムになっています。

 

スキマ時間を使った学習方法は、短時間ですが要領よく学びやすいこともメリットです。少しの時間を利用して勉強できるため、学習時間の無駄がありません。

 

また、冊子タイプのテキストはオプションで利用いただけます。

 

「Q&Aチケット」活用で疑問点を解消へ

スタンディングでは、講師に疑問点を聞けるシステムがあります。サポート体制もあるので、安心してご利用いただけます。

 

Q&Aチケット」を使うことで、疑問点を確認できます。

 

このチケットはコースによって組み込まれています。回数制限はありますが、疑問点を確認できるので、独学でもフォローがある分、学習しやすくなっています。

 

スタンディング利用者の声 クチコミ評判をチェック

クチコミでのスタンディング評判はどうなっているのでしょうか。そこで、利用者のクチコミを調べてみました。

 

「学習マップというシステムが助かりました。体系的な学習サポートで、むだなく学習スケジュールが組めます。おかげさまで、効率よく勉強がすすめられて、学習内容も頭に入りました。」

 

「身が入りやすいという印象です。とくにダウンロードで見られる映像の講座は、視聴しているだけでもなんとなくは頭に入り、学びやすさを感じました。勉強がどうしても苦手でしたが、私でも根気よく続けられています。」

 

「フォローやサポート体制がもう少しよければ、と惜しい点はあります。Q&Aチケットは有限なので、「今使ったら勿体ないかも、後が大変かもしれない」と、なかなか使うには勇気がいりますね…。テキストなどはデジタル化されていてチェックしやすいという利点もあります。独学で勉強できる人には適しているかも。」

 

「映像講座は内容がいいのですが、DVDの方が安心して(途中で映像が止まらないなど)観られますよね。そこに関してはちょっと残念です。DVDがないので。」

 

「仕事と並行して資格試験勉強をするために利用したのですが、とてもよかったです!スマホでもテキストがみれるので、通勤中の電車の中、たとえ立っていても学習時間が作れて助かりました。」

 

「タブレットで学べるので助かっています。タブレットひとつならどこに行くにも持ち運びしやすいですし、少しだけ空いた時間も無駄なく、学習時間にあてられたので、要領よく勉強がすすめられました。」

 

「重い教材をカバンに入れることなく、仕事の休憩時間を利用して勉強できています。フォロー体制がもう少しよければ文句なし。」

 

「内容がよく、1次試験から2次試験までしっかり対策できるのでありがたい。スピーディーな学習にも対応しているので、これなら早くに合格を目指せそうと自信がわいています。」

 

スタンディングにデメリットはある?

中小企業診断士の資格受験は、できたら講座を利用したいものです。予備校に通う時間がなくても、通信講座なら、適切なテキスト・教材がそろっていて、すぐに学習をスタートできます。

 

スタンディングは中小企業診断士の資格対策になる通信講座であり、スキマ時間を使った学習や、ストレート合格にも対応しています。

 

スキマ時間を使って、効率よく勉強できるため、短期間の合格も不可能ではありません

 

ただ一方で、利用者が不便になると感じる部分もあります。要するにデメリットです。

 

スタンディングでは、3つのコースがあります。

 

最安値のコースは、基礎を学ぶことができます。1次試験と2次試験の基礎が学べるコースより、問題集や過去問もほしい方にはスタンダードコースが向いています

 

が、こちらは考え方によっては割高です。最安値に比べて、10,000円ほど高いです。

 

ですが、Q&Aチケットがついているので、疑問点を確認できるフォローが受けられます。

 

このフォロー体制にも、難点はあります。サポートサービスを使う予定がない人にはメリットがあります。充実した教材内容で、短期間の合格が目指せますから。

 

しかし、フォローを求める場合ですが、疑問点をメールで質問できるサービスは有限です。Q&Aチケットが消費されます。

 

また、デジタル化に対応していないと、活用しづらいでしょう。とくに映像講座は、ダウンロード式になっています。

 

タブレットやスマホ、パソコンを使った勉学をしたい人には適していますが、DVDが別に販売されていないいため、たとえば、映像をみながらそこの問題をテキストで確認しづらくなっています。

 

スマホなどをほとんど使わない人は使いづらい傾向がみられます。

 

とはいえ、スマホやタブレットといったデジタル式になっているため、空いた時間を使って、外にいても学習時間を作れます。スキマ時間を利用した勉強をすすめたい人にメリットがあります。