中小企業診断士になるために 資格試験対策テキスト・参考書

中小企業診断士になるために 資格試験対策テキスト・参考書

この資格を取得すると、中小企業の経営コンサルタントの仕事ができます。

 

副業の幅も広がり、本業としても収入アップを目指せます。

 

収入アップ、キャリアアップと、可能性をひらくためにと今注目されています。

 

中小企業診断士の資格試験 独学で大丈夫?

中小企業診断士になるためには、1次試験と2次試験をクリアする必要があります。

 

救済システムがあり、2〜3年かけて合格を目指す方法もあります。

 

1次試験をクリアすると、2次試験にいどめます。そして2次試験をクリアした際に、はれて中小企業診断士の資格試験合格となります。

 

1次試験を合格するためには、7科目の試験をバランスよく学ぶ必要があります。

 

「経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策」の7科目で、注意点はひとつでも40点未満は不合格になります。ですが、全体的に60%以上できると合格になります。

 

この1次試験は、独学でも、テキストと努力次第で資格試験合格を目指せます。

 

独学におすすめ 中小企業診断士の資格試験テキスト

中小企業診断士の資格をとるためには、試験に合格するために要領よく勉強しなければなりません

 

資格試験は1次試験と2次試験があります。

 

まずは1次試験を合格する必要があります。1次試験対策におすすめのテキストは、通信販売で購入できます。

 

たとえば、人気ランキングでみると、TAC出版の参考書が人気です。TACとは、資格学校で中小企業診断士の試験対策も行っている予備校です。分かりやすいテキストが、評判になっています。

 

「みんなが欲しかった!」シリーズが評判です。その中の『みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書(上下巻)】です。

 

上巻は「企業経営理論、財務・会計、運営管理」、下巻は「経済学・経済政策、経営情報システム、経営法務、中小企業経営・中小企業政策」と、7科目が分類されてテキストになっているので、読みやすいです。

 

フルカラーでまとまっているため、初心者でも勉強しやすくなっています。「赤シート」で暗記対策もできます。

 

また、各科目の冒頭には、学習ガイダンスや傾向・対策が記載されているので、ひとりでも勉強しやすくなっています。

 

科目の最後にはミニテストつきで、今の実力をチェックできます。また、同シリーズの問題集と一緒に利用すると、より効率的です。

 

中小企業診断士の資格は2〜3年かけて合格を目指すこともできますが、早いに越したことはありません。スピーディーに合格を目指したい方には、同じくTAC出版の『中小企業診断士 最速合格のためのスピードテキスト』がおすすめです。

 

試験合格に必要な知識が、科目別になっています。1巻「企業経営理論」、2巻「財務・会計」と、全7巻構成。つまり、1次試験の範囲内の科目がひとつずつ、しっかりと、それもスピーディーに学べます。

 

体系図や試験内容のポイントがまとめられているので、とても分かりやすくなっています。また、2次試験にも対応しているのが強みです。短期で合格を目指すには同時進行で2次試験対策も必要になるので、非常に助かる内容です。

 

また、とくに苦手な科目や、詳しく学びたい科目は、別に用意すると、より効率よく学ぶことができるでしょう。

 

中小企業診断士を目指す 過去問対策は過去5年が目安

難易度が高め、決して簡単な資格ではない中小企業診断士。しかし、資格が取れたら、その先には可能性が待ち受けています。

 

合格を本気で目指すなら、正しい勉強法で学習していく必要があります。そして試験本番をクリアするために、過去問も解くべきでしょう。

 

過去問は、直近から5年を目安に、とにかく過去問をとくことです。ただし、出題傾向が変わったり、法改正がある場合は、それに応じて過去問をチョイスしてください。

 

過去問の問題集ですが、おすすめは、資格予備校TAC出版の『みんなが欲しかった!中小企業診断士の問題集』です。上下巻セットタイプで、近年の過去問から、厳選された試験問題が記載されています。

 

問題別に重要度(A(高)〜C(低))と分かりやすい表示もあるので、復習もしやすくなっています。ブラインドシートで解答を隠しながら解けるので、何度も繰り返し復習できますし、正解をすぐに確認できます。

 

また、最短合格をサポートする問題集も出ています。『中小企業診断士 最短合格のための第1次試験過去問題種』では、7巻構成になっています。問題集と同じように使うことができ、1科目ずつ、しっかりと学べます。

 

『中小企業診断士 最短合格のための第2次試験過去問題集』もあります。2次試験にも対応しているところが強みで、しっかりと筆記試験の対策ができます。過去5年の問題解答がまとめてあるので、出題傾向も確認できるでしょう。

 

解説もついているので、独学のサポートにも適しています。

 

中小企業診断士の資格を独学でクリアするためには

中小企業診断士はニーズが高まっている資格のひとつです。国家資格であり、しかも学歴不問であることから、注目を集めています。

 

受験者の傾向をみると、サラリーマンが多いようです。会社からのすすめや、独立、キャリアアップ、スキルアップのために資格取得を皆さんが目指しています。

 

試験内容は簡単ではありません。難易度も高いので、通信講座が人気ですが、独学も不可能ではないでしょう。独学で学ぶ場合、まず用意するものはテキスト・参考書類です。

 

試験は1次試験と2次試験がありますので、間違えないように、それぞれのテキストを準備してください。

 

また、独学の間にどれだけ知識が身についているか、それを確認するために、定期的に模擬テストをするといいでしょう。過去問題集などで利用できるアイテムを揃えましょう。

 

会社勤めの方が独学で中小企業診断士の資格取得を目指すなら、毎日のスキマ時間を使う学習法はもちろんですが、平日と休日のスケジュールにわけて勉強法を考えるといいでしょう。

 

主にスキマ時間を使って勉強するのが、平日です。「朝・夜の通勤時間、会社の休憩時間、トイレに入っている間、夕食前、寝る前」など、5分でも空いた時間をとにかく利用していき、テキストに目を通しましょう。

 

そして、休日は本格的に学習時間を設けます。丸1日を利用して、ずーっと勉強すると、理想的かもしれません。10時間は確保するという話もあります。

 

勉強する時間ですが、昼ごろから夜寝るまでとする人が多いかもしれません。ですが、朝から夕方にかけてがおすすめです。もちろん、加えて夜に時間をとってもいいでしょう。

 

なぜ朝活がおすすめかというと、試験本番は朝から始まるからです。それに体を慣らすためにも、朝から学べるようにするといいでしょう。

 

学習に慣れてきて、模擬試験を自宅でするときには、試験時間にあわせてスケジュールを組んだ方法もおすすめです。試験の時間間隔を体感すると、訓練になります。

 

1次試験対策として7科目バランスよく

学生時代の成績をみると、得意だった分野、苦手な分野がわかりやすくでると思います。たとえば、国語が得意で常に高得点、一方で数学が苦手で常に低得点。

 

学生時代は得意な科目を専攻する手段もありましたが、大人になると違います。そして、中小企業診断士の資格試験においてもいえます。

 

中小企業診断士の1次試験では、7科目の試験を行います。ここで、バランスよく点数を取る必要があります。というのも、合格基準をみると、全科目の60%以上の正解率となっています。

 

一方で、40点未満は足切りされ、1科目でも40点未満では台無しになってしまいます。苦手な科目を作らないように、バランスよく勉強しましょう。

 

1科目ずつ、すべて100点を目指さなくてもいいのです。70点以上を目安に、総合的に学ぶようにしましょう。苦手科目は早いうちに見つけて、克服するための勉強法もおすすめです。

 

中小企業診断士の独学学習 勉強のコツ

独学では簡単ではありませんが、中小企業診断士の資格取得を目指して勉強していくことあできます。そのためには、知っておきたいコツがあります。

 

1次試験・2次試験それぞれを勉強する

中小企業診断士の資格試験は、1次試験と2次試験があります。どちらも、分類して勉強していくようにしましょう。

 

1次試験は、基本を身に着けます。7科目をバランスよく学び、点数がとれる状態にもっていく必要があります。また、マークシート方式の試験になっているので、本番当日は答えが分からなくても、とにかく埋めることを推奨します。

 

次に2次試験ですが、文章力や理解力が必要になり、口述試験もあります。筆記試験は1次試験と違い、マークシート方式ではありませんので、文章で回答する訓練の勉強法が必要になります。最後に口述試験対策として、人前で話す訓練をするといいでしょう。

 

ストレス対策をする

独学で勉強するにあたり、怖いのは「ストレス」です。仕事に並行するとなると、とくに根を詰めすぎてストレスが蓄積してしまいます。

 

心身が疲れてしまっていると、勉強時間を確保しても、効率的とはいえません。要領よく学ぶためには、脳をすっきりさせるためにも、息抜きをすることです。

 

たまには休暇をつくって、好きなことを楽しむようにしましょう。また、勉強のスケジュールをきめて、ノルマを終えたらおいしいものを食べる、など、ご褒美を決めるといいかもしれません。

 

そして、勉強の結果を出すのは、試験当日です。試験日に体調を崩しては元も子もありません。スケジュールとともに、体調管理をしっかりと行いましょう。

 

1次試験は夏場なので夏バテ夏風邪に注意! 2次試験は秋から冬ですので、インフルエンザ対策もしっかりとしておきましょう。万全な状態で、いどんで成果につなげましょう。

 

独学で中小企業診断士の資格に合格するまでの期間

中小企業診断士の資格取得は簡単なことではありません。合格率はここ近年をみると、平均しておよそ20%ほどです。

 

国家資格としては難易度が低いともいえますが、数字で見ると高くないのが実情です。

 

独学で中小企業診断士の資格勉強をする場合ですが、ほとんどの方が会社勤めと並行する形になるでしょう。

 

そうなると1日の勉強時間は限られてきますので、休日はしっかりと勉強時間を確保する前提でも、早めに勉強に取り組むべきです。今すぐにでも、です。

 

1日でも早く、独学のための勉強に取り組みましょう。まずは、テキストや過去問などの参考書を用意し、順番にすすめるようにしてください。

 

ちなみに、中小企業診断士の資格試験は、8月ごろから始まります。試験日程を把握し、それにあわせてスケジュールも考えるといいでしょう。

 

とにかく勉強が必要になるので、平日で仕事がある日でも、すきま時間を利用して、とにかく学習することです。

 

中小企業診断士の資格試験の合格を独学で目指すメリット・デメリット

国家資格の中小企業診断士の資格試験を合格するために、独学で学ぶ方法もあります。

 

その場合のメリットですが、まずひとつは「費用を抑えられる」ことです。

 

たとえば、予備校や通信講座を利用すると、それなりに費用がかさみます。どちらも、サポート体制があることが強みですが、高額になっているので、少しでも費用を抑えたいのなら独学することにメリットがあるでしょう。

 

主な費用は、受験料のほか、テキスト代のみになっているので、かなりコストは抑えられます。

 

次に、「マイペースに勉強できる」ことです。予備校などはカリキュラムが決まっていて、まだひとつの科目を理解しきれてなくても、次に進まなくてはならないときもあります。

 

仕事で時間が取れず勉強ができなかったので、次の時間をとるといった融通がききにくいです。その点、独学なら、マイペースに時間を決められて、勉強に取り組めます。毎日コツコツと勉強できるタイプの人には向いています

 

しかし、独学にもデメリットはあります。とくにひとりきりでの勉強に不便を感じる、不安がある人には向いていません。

 

通信講座や予備校を利用すると、「継続しやすいこと」が最大のメリットでしょう。勉強を続けることで合格につながるので、独学で途中でやめてしまうと勿体ありません。

 

また、分からない点をだれか、つまり人に確認しにくいことです。通信講座などは、プロのサポートを受けられるので、その点の学びやすさに特化しています。独学の場合は、分からないことが、そのまま理解できず…となるケースがあるので不安要素です。

 

独学の方法にはメリット・デメリットがありますので、自分自身がどちらに合うか、それを把握して勉強方法を決めましょう。