ユーキャン 中小企業診断士

ユーキャン 中小企業診断士

ユーキャンでも、中小企業診断士のコースがあります。

 

本科コースといってすべての科目に対応しているコースのほか、科目別も用意。特定の科目のみ対策したい人にも嬉しいコースがあります。

 

なんといっても、丁寧な個別添削がユーキャンならではの特徴です。

 

プロの経験豊富な講師陣が、質問サポートの回答も行っています。サポート・フォロー体制が充実したユーキャンで、中小企業診断士の資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

ユーキャンは選べるコース

さまざまな資格に対応したユーキャンでは、中小企業診断士の資格サポートも行っています。ほかの資格コースと同様に、ユーキャンの個別添削なども行っています。

 

中小企業診断士の通信講座は複数のコースから選べます。

 

本科コースはすべての科目の対策が行えます。そして、科目別にコースも用意しています。

 

ですから、一種類、二種類の科目のみ対策したい、昨年受けて免除されるから特定の科目だけ対策したいという方にも適しています。

 

テキスト内容は、すべてがスマホやパソコンなどで学習がすすめられるので、デジタル環境があれば、どこにいても勉強がすすめられます。仕事をしながらスキマ時間を使って勉強をすすめたい人にもぴったりです。

 

たとえば、通勤途中の30分、会社の休憩時間1時間など、少し空いた時間を利用してこまめに勉強時間にあてることができ、スムーズな学習がすすめられます。

 

また、受講生専用のネットサービスにも注目。講義動画はもちろん、ミニテストも用意しています。なので、スマホからログインすれば、それらのサービスがいつでも利用できます

 

従来の冊子タイプのテキストがメインになっていますが、すべてパソコン・スマホ・タブレットに対応しているため、デジタル式で学びたい方も、紙のテキストを開いて学びたい方にも対応しています。

 

書いておぼえるほかに、目で見て、耳できいて覚える講義は、頭に入りやすい・身に付きやすいと好評です。

 

残念ながらDVDなどはありませんが、講義の映像は先にもあげているとおり、スマホやパソコンがあれば利用いただけます。どこにいても、見ることができるので、スキマ時間の視聴もおすすめです。

 

徹底したフォロー体制で充実のバックアップ

ユーキャンならではの特徴、それはやはり、サポート体制ではないでしょうか。サポート体制は通信講座によります。

 

全くといっていいほどないところもあれば、回答が遅いといったトラブルがあるところも。

 

通信講座は基本的に独学になりますが、用意されたテキストで学ぶほかに、プロの講師のフォローが受けられると、より良い学び環境といえるでしょう。

 

とくに、疑問点を教えてくれるサービスが欲しい方は、フォロー体制は通信講座選びで重要な条件になってくると思います。

 

ユーキャンでは、まず「個別添削」というサービスがあります。丁寧な個別添削は好評のサービスになっています。10回もの添削が受けられる(中小企業診断士の場合)ので、自分の今の実力が把握でき、これからの学び方もみえて、知識を身に着けていくことができます。

 

質問サポートもあります。添削も、質問サポートも、プロの専任講師が対応しているので安心。

 

自宅で学ぶ内容でありながら、まるで予備校で講師に確認がとれるように、プロ講師のサポートが受けられます。ここが、ユーキャンの最大の強みともいえるでしょう。

 

ユーキャン 中小企業診断士 利用者の声 クチコミ評判を徹底リサーチ

ユーキャンは大手の通信講座。通信講座といえば、名前が出るほど知名度が高いですね。では、実際のところ、中小企業診断士のコースはいかがでしょうか。口コミを調べてみました。

 

「印刷テキストもデジタルも欲しかったのでユーキャンは理想的でした!どちらも用意されていて、別料金もなくてよかったです。スマホなどで勉強するのは外で、家では紙タイプのテキストで取り組めるので、デジタル機器をずっと使っているときに起こる眼の疲れもなく集中力が持ちました。」

 

「確実に実力がついてきていると思います。添削指導がとても効果的で、わかりやすい添削に感謝です。非常に役立っています。」

 

「最新情報に対応しているので次の試験に適しています。サポート体制も充実していて、とてもためになると思う。個人的にはデジタル環境で学習は十分なので紙テキストが少し邪魔に感じました。そのコストを抑えると費用も安くなるんじゃないかなと。」

 

「通信講座もひとりで学習するもので不安がありましたが、ユーキャンはマンツーマン指導を受けている感覚で、予備校に通う暇がない自分にはぴったりの学習内容です。フォロー体制がばつぐんによく、テキストも読みやすく、学ぶ力も身についています。」

 

「個人添削や質問サポートなど、生徒のフォロー体制には長けている。講師もプロなので返答も分かりやすいです。が、料金が高いところがちょっと残念。思い切って利用してみましたが、やはり費用はひっかかります。」

 

「テキストの内容がよく、身が入りやすいです。個人的に勉強すること自体に不安があったのですが、個別添削などのサービスのおかげで、モチベーションもあがっています。質問サポートの返答も納得いく内容。ただ、たまに遅いときがあるので返信が早いと助かります。」

 

「対策したい科目が特定されていたので、個別にコースが受講できるシステムに助かりました。苦手科目に集中して取り組むことができています。」

 

「次の試験で合格を目指しています。費用は高いですが、やはり大手だけあり利用価値も高いと思います。これなら、合格も夢ではないと思う!日に日に自分の知識が増えていると感じています。」

 

「インターネットサービスも充実しています。ミニテストは、簡単に今の状態を知ることができますし、そこで間違えたところをテキストで振りかえられるので、間違いを修正でき、自分の情報力もあがってきています。」

 

「基本的には自宅で勉強するので独学の意識がありましたが、孤独感がなかったです。ひとりで勉強している感覚がないため、やる気も出て、取り組みやすいと感じました。」

 

ユーキャンで中小企業診断士の資格試験勉強をするデメリットは?メリットは?

最近では、さまざまな通信講座が増えています。中小企業診断士に絞り込んでも、数がありますが、やはり、知名度の高いユーキャンは不動の人気があります。

 

とはいえ、口コミで賛否両論あるように、デメリットに感じる部分も中には…。

 

とくに言われているのが、「料金」についてです。国家試験がとれるとしても、受験には少しコストを抑えたいという方にはデメリットともいえます。

 

費用は、本科コースの場合は通常98,000円になっています。ちなみに、印刷テキストなしなら93,000円になります。

 

印刷テキスト抜きにデジタル環境のみで学習する場合は、後者のコースを選ぶとコストが抑えられます。

 

近年はデジタル式にしぼり、コストを抑えている通信講座も増えているため、それらに比べると少し高くなるところがデメリットかもしれません。

 

しかし、費用が高い分、サポート体制も充実しています。質問サポートや個人添削といった特徴が、ユーキャンにあります。

 

それぞれのサポート体制により、独学でもマンツーマン指導のような感覚で、勉強をすすめることができますし、疑問点を解消して次にすすめます。

 

ただし、これらの特徴的なサービスをデメリットに感じられる方もいらっしゃるようです。

 

添削については、課題を次々と解いて答え合わせして勉強をしたい人には不向きかもしれません。添削サービスが少し面倒くさいという意見もありました。直接指導を受けて、落ち込んでしまったという声もありました。

 

また、質問サポートは、疑問点がプロの講師に聞ける、確認できることがメリットですが、少し返信がくるまでに時間がかかることがあるようなので注意してください。これらがユーキャンのあげるとするならデメリットです。

 

個別指導を受けたい、デジタルと紙のテキストをダブルで利用したいという方には向いています。どこの通信講座を選ぶか迷ったら、ユーキャンを検討してみませんか。